めるも の想い

めるも の想い

亡くなるって事

その存在が無くなるのでなく

思い出として心に存在する事。

肉体は確かに離れたけど

その魂の存在は我々家族の中には永遠に、、

生きてる時は体は一つだったけど、、魂はいくらでも増えそれぞれの心の成長の手助けをしてくれる。

逢いたい時にいつも傍に居てくれる。

たまに音を出したり何らかのサインを送ってくれる、、

我々がいつの日か向こうの世界に行くまでそっと見守ってくれるはず、、助けてくれるはず、、支えてくれるはず、、

きっと、、今も傍で見ていてくれてる。

そう想います。だからあまり泣き過ぎないでください あの子達も傍に居るのに何も出来ない事を悲しみ 貴方の事が心配で心配で哀しくなります。

だから 思い切り泣いたら 後は、、笑ってあげてください。

いつかまた 逢えますから、、それまで、、、。

 

虹の橋では、、、

虹の橋では、、、

虹の橋ではどんな種類でも揉める事もなく、争いもなく、皆 仲良く我々 家族を待っています、

生前 病気をしていた子も食べれなかった子も痛みも苦しみもない世界で待ってくれています。

ただ あるとすれば 我々家族の思いと同じく また家族と会いたい、大好きな家族と会いたいだと思います。

いつか また 会えるその日まで、、、頑張りましょう。FullSizeR (023)

僕の夢 めるも貞守です。

僕の夢 めるも貞守です。

僕の夢

未だにペットが亡くなりセレモニーを頼むと セレモニーと言うよりゴミ収集や焼却にしか思えない業者が多い事、、
ホームページはペット達に対してそれっぽく書いているけど、、
なのに、、

大きさやキロで値段が違う事、、

命に重たさ大きさ関係あるのかな?

まるで 宅配業者に頼んでるみたいな気持ちになる。

供養と言いながらも、、ちゃんと向き合ってるのかな?

ダンボールに少しのデザインや色、、、なんで??

火葬したら『黒い所は悪いところです。』と平気で嘘をつく業者。

最後にこの子達からのメッセージを伝えない業者。

僕が住んでいる広島でも本当に数人しか尊敬出来るペットセレモニーはいません。

その方々でも大きさや重たさで値段が決まっいます。

全国的に当たり前だからです。今まで基準がコストありきで決められていたからです。

一番大切な事、、、この子達がどんな子でご家族にとってどんな存在だったか?
我々は忘れてはいけないと思っています。

本当に本当に我が子、恋人、友人、を失うのと変わりありません。

僕の夢は いつの日か めるもの考えを理解してくれる仲間を増やし
今までの当たり前を 変えたいきたい思い。

僕もいずれ 歳をとり今みたいに現場に出れなくなるかもしれない。

だからこそ 伝え繋ぎ 広げ 本当の意味で供養できる。後悔しないお見送りが出来るように頑張ります。